現在位置: ツールバートップ > ツールバーからのお知らせ > サービスからのお知らせ > Yahoo!ツールバーがWindows Defenderにマルウエアと誤判定されるケースについて

Yahoo!ツールバーがWindows Defenderにマルウエアと誤判定されるケースについて

サービスからのお知らせ 2016年6月6日

----------
※このお知らせに関する追加情報 : 2016年8月1日15時30分
Yahoo!ツールバー(Internet Explorer版)更新のお知らせ」でご案内しておりますが、この更新により、Windows Defenderによる誤判定と推測される事象は発生しなくなります。
Windowsをご利用の方は、アップデートをお願いいたします。
------------

Yahoo!ツールバーをご利用のみなさまへ

Windows 8.1とWindows 10のInternet Explorer 11でYahoo!ツールバーをご利用中、デスクトップ上に「マルウェアが見つかりました」というメッセージが表示されることがございます。

これは「Windows Defender」による誤判定と推測され、Yahoo!ツールバーは安全です。(「Windows Defender」とは、Windows OSに搭載されている、悪意のあるソフトウェアからPC を保護する機能のことです。)
現在、日本マイクロソフト株式会社とともに原因解明を進めています。
解消できましたら、このブログにてお知らせいたします。

また、Yahoo!ツールバーのプログラムフォルダーを「Windows Defender」の除外対象とすることで、上記メッセージが表示されないようにすることもできます。
手順は下記のとおりです。
------------
■Windows 8.1
1.「アプリ」から「Windows Defender」を起動する
2.「設定」タブを開く
3.「除外されたファイルと場所」を選択
4.「参照」を押して「ローカル ディスク(C:)」→「Users」→「(アカウント名)」→「AppData」→「LocalLow」→「Yahoo!J」→「Toolbar」と開いていき「plugin」を選択して「OK」ボタンを押す
5.「ファイルの場所」に「C:\Users\[アカウント名]\AppData\LocalLow\Yahoo!J\Toolbar\plugin;」が表示されるので「追加」ボタンを押す
6.最後に画面下の「変更の保存」を押す

■Windows 10
1.Windowsメニューから「設定」を開く
2.Windowsの設定内にあるメニュー「更新とセキュリティ」を開く
3.「Windows Defender」を選択
4.「除外を追加する」を開く
5.「フォルダーを除外する」を開き下記のフォルダーを追加する
file:C:\Users\[アカウント名]\AppData\LocalLow\Yahoo!J\Toolbar\plugin\
------------
ご不便をおかけして申し訳ありませんが、原因解明・解消まで、いましばらくお待ちください。