啓蟄

けいちつ

二十四節気 - 3月5日

にじゅうしせっき

きょう3月5日は、二十四節気の1つ「啓蟄(けいちつ)」。冬の間土の中にいた虫たちが春の暖かさを感じて外に這い出てくるころ、という意味です。

「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」という意味があり、「蟄」には「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」などの意味があります。

この時期に旬をむかえるのは、ふきのとうやたらの芽、たけのこなどの山菜。これらの山菜には独特の苦味がありますが、その正体は抗酸化作用のあるポリフェノールです。
「春の皿には苦味を盛れ」という言葉があり、春は山菜を食べて冬の間に蓄積した老廃物を排出すると良いといわれています。